6月 21
2018

スーパーコンパニオンの女性は家計が苦しい?

スーパーコンパニオンやピンクコンパニオンに対して、いまだに偏向的な見方をする人が多いようですが、実際はまったく違う明るい業界です。

知っておきましょう。

■貧乏でコンパニオンを選んでいる女性は少ない。

風俗や性風俗に類する職業に就いている女性のことを、「家計が苦しいから家族を養うために」などと、一方的な貧乏目線で見たのは昔のことです。

現代では女性の人生観もずいぶん変わり、スーパーコンパニオンやピンクコンパニオンのような性風俗ギリギリの職業でも、1つの立派なカテゴリーにあげている人が多くいます。

■効率よく稼いで自分の夢のためにお金を使う。

“性風俗だから”といったような偏った見方は通用しないばかりか、男性より稼ぎ、立派な未来を設計している女性のほうが多い気がします。

筆者の私が経験した例では、「法学部に入学するため」、「趣味と実益を兼ねて」、「看護師さんになるための資金作りで3年間だけやる」など、それぞれスゴイ目標を抱えていました。

昔のように家計のためという女性はいませんでした。

■スーパーコンパニオンがいいのは副業として成り立つから。

本業と掛け持ちして効率よく稼げます。

酒が飲めてごちそうが食べられて、出会いがあって稼げて、イヤならお休みもできる。

こんなバイトはスーパーコンパニオンやピンクコンパニオンくらいです。

結婚相手探しにこの職業を選んだという女性もいます。

見方を変えましょう。

・しかしこんなこともあるので注意が必要です【参考URL】https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/215026

This entry was posted in スーパーコンパニオンは稼げる仕事. Bookmark the permalink.

Comments are closed.