7月 21
2018

温泉街の一部ではスーパーコンパニオン「禁止」というのはホント?

ごく一部のエリアではありますが、スーパーコンパニオンやピンクコンパニオンの出入りを禁止したところがあります。

しかしそれも一時期のことです。

■過剰なドンチャン騒ぎが一時期問題に。

スーパーコンパニオンやピンクコンパニオンが流行して、ソレ目当ての客が殺到した時期は、エリアや旅館・ホテルでそのような看板を掲げたところもありました。

ただし熱海や伊香保がそうだったか、いまもそうかは不明です。

スーパーコンパニオンの出入りが禁止になった理由は、ドンチャン騒ぎが異常で、他の宿泊客からの苦情が相次いだからです。

いまではそのようなことも少なくなりました。

■千客万来が基本の旅館業だからこそ。

旅館やホテルといっても客商売ですから、基本は千客万来です。

しかもスーパーコンパニオンやピンクコンパニオン目当ての客は、閑散としたシーズンオフを埋めてくれる有り難い客です。

旅館の中には、コンパニオンご一行様用の宿泊・宴会エリアを別に設けたところもあるほどです。

なかなか思うに任せない旅館業にとって、そうやってでもスーパーコンパニオンを受け入れたい事情、察してあまりあるものがあります。

■スーパーコンパニオンが出入禁止だからといって悪いことをしているわけではありません。

旅館やホテル側の対応に任せましょう。

静かに宿泊したい客もいれば、この機会に羽を伸ばして息抜きしたい客もいます。

要は客それぞれで、対応できるかどうかは施設側が決めること。

熱海や伊香保温泉といっても全域ではありません。

This entry was posted in 旅館やホテルの諸事情. Bookmark the permalink.

Comments are closed.